Stop! 衝動飼い

愛犬との暮らし方

初めまして。
ドッグコンサルタント TILL DOGです。

物心ついた頃から常に動物と過ごしてきました。
家の庭には雑種の犬、ポチ。ニワトリ、ウサギ、インコ、シマリス、、。
マンション暮らしになってからは猫のチーとタマ。

家庭を持って子供がアレルギーで弱く、ずっと、熱帯魚などで我慢してましたが室内犬を飼うことが諦められず、近くのホームセンターに通っては毎日のように子犬を眺めていました。そこで今から20年前程にトイプードルなら、毛も抜けにくく匂いも少なく飼いやすい犬種だと教えてもらい、トイプードルを探していましたが、まだ、ブームでなかったトイプードルは殆ど見ることも出来ずに、青山ケンネルの資料請求で、わんちゃんの写真と値段が書いてある。という状態でした。

と同時に家族にトイプードルはトリミング代もかかる、飼っている方がいて2キロと小さく、フードも食べない。毎日1本100円の犬用ミルクを飲んでるお金がかかる!と反対にあい、また室内犬なんて家の中が臭う!と言われ、ペットショップで子犬を眺める日々でした。。そんな時、冬の寒い日に動物園代わりで家族で見に行ったペットショップで一目惚れをしてのが初代チワワのグリーン!

チワワは毛がかなり抜ける。。アレルギーは娘に大丈夫なのか?

いや、それよりも反対してる家族は帰ってしまい、娘と閉店の5時間一歩も動かない!飼うまで帰らないコール!!なんとか説得して連れて帰ってきたのがチワワのグリーンでした。ところが連れて帰ってきた日から異常に痒がり、疥癬とわかり毎週の薬用シャンプー。段々弱っていくグリーンを見て、食育の勉強会から飼い方の本も片っ端から読み漁り、その当時と今は躾の仕方も違い、かなり上下関係にも厳しく育て、また初めての愛犬に沢山の芸も教えました。

幸い娘のアレルギーに問題はなく、かえってグリーンがいることで、娘の情緒も安定しましたが、確かに抜ける抜ける!毎日、朝晩の掃除機と粘着テープのコロコロをいつも片手に、洋服も毛の付きにくい、素材を選んだりしていました。

チワワは自立心が強く、飼い主オンリーの子もいて、それがまた魅力の一つなのかもしれませんが、気難しい気質もあり、グリーンをどうコントロールするか、あの手この手も使いました笑

グリーンの後にお迎えした子達は全て、ブリーダーからお迎えをしました。
また、”なぜブリーダーに拘るわけ”は別に書きたいと思います。

その後やはりトイプードルを諦めきれなかった私は今は愛犬ティルと過ごしています。

が、この子を迎えるにあたり、かなり拘りました。

愛犬との一生は短いようで長いです。そしていられる時間は長いようで短いです。愛情を持って共に過ごしていくパートナーだからこそ、拘って欲しいんです。

ペットショップで一目惚れ、これまたご縁でもあります。

しかし、何人の方にも相談を受けます。ペットショップでは大人しかった。連れて帰ってきた翌日から家中がボロボロでもう、手に負えない。

あるご年配のご夫婦はドッグランでリードから愛犬を離さない。先方から声を掛けられたものの、どうされたんですか?とお聞きすると、離したら捕まえられない。もう、二度と犬なんて飼わない!。。。そんなことを目のあたりにすると、早くアドバイス出来てたら。。といつも思ってしまうのです。

例えば、ご年配の方には毛も抜けにくく、動きも性格も温和なシーズーなどを私ならオススメ致します。


赤ちゃんは可愛いです。それが赤ちゃんの特権です。

しかし、本当に今のライフスタイルに合う犬種なのか?その犬種の特徴、性格、大きさ、その子自身の性格、気質、をよく見極めた上で納得してお迎え出来たら、お互いが幸せな日々を送れることが願いです。

これからお迎えする犬種相談などその他、お困りの事がありましたらお力になれれば
幸いです。